名古屋CAE技術室梅谷真史
2011年入社物理科学研究科 天文科学専攻 博士(理学)

「最先端で自由に活躍できる!それが大きなやりがいにつながっています」

現在の仕事内容は?

自動車メーカーからの業務委託チームでリーダーをしています。 具体的な仕事内容は、主に「強度・振動・熱流体解析およびその技術開発」「CAEの自動化・効率化に関するソフトウェア開発」「CAE解析を用いた最適化」の3つです。 強度・振動・熱流体解析およびその技術開発は、設計者の方からの依頼を元に行います。 性能評価や問題になっている現象を理解しながら打ち合わせし、その中で解析手法を決定していきます。 解析後の報告の際には、状況説明はもちろんのこと、性能を向上させる形状や、問題を回避する方法も盛り込み、様々な提案をさせていただきます。 また、CAEの自動化・効率化に関するソフトウェア開発では、数値計算のアルゴリズムを新たに勉強して実装したり、 様々なベンダーのソフトウェア間を繋ぐプログラムを模索して作成したりしています。 CAEの専用ソフトウェアは汎用性があるため、使用方法が複雑です。また、汎用性が仇となり、計算時間が非常に長くなる場合もあります。 そこで、複雑な作業を自動化し、短時間でシミュレーションを実行できることを目標にソフトウェアを開発しています。 CAE解析を用いた最適化では、各性能の目標値や基準値を満たした最適な形状や配置・条件などを、CAEとその自動化技術・最適化理論を用いて提案していきます。 今後は、ディープラーニングなどのAI技術を取り入れた最適化を提案していけたらとワクワクしています。

これまでの仕事で一番嬉しかったことは?

元々プログラムが好きだったので、CAEでも活かせないかと自分の業務に取り入れてみたところ、効率化・自動化に成功しました。 その実績がお客様に認められ、「それができるなら、もっとこういうことも、ああゆうこともして欲しい!」とお客様側からの新たな要望が加速的に広がってきました。 こうなってくると嬉しくて仕方ない。また、自分の得意分野が仕事の評価にダイレクトに繋がったということが、強烈な成功体験として記憶に残ることになりました。

入社してから成長できたことは?

全くの素人としてのスタートでしたが、様々な試行錯誤の中で、あがきもがき続けていくうちに、 製品開発・ものづくりの考え方が、徐々に理解できるようになってきました。 同時に、お客様とのコミュニケーションスキルもとても向上したように思います。 お客様の立場に立って、お客様が欲しいアウトプットを出すという考え方が、徹底的に身につきました。 また、リーダーとしても自分個人の力だけではなく、チーム全体で最大限のアウトプットを出す方法を模索し続けた結果、 なんとか形にできるようになってきたと感じています。もちろん、まだまだ、チーム員に助けられることも多く。 本当にとても良いチームに巡り合えたと感謝しています。

日本アムスコを選んだ理由は?

私は、大学と大学院で数学・物理・天文学の理論や、数値シミュレーションのアルゴリズムに関して研究していました。 これらの知識や経験を少しでも活かせる会社を探し、日本アムスコを選びました。 もちろん、入社当初は、CAEについて全く知らず、もちろんCAEソフトウェアの使用経験はゼロ。 自動車やものづくりの知識も無く、目の前の仕事をこなすだけで精一杯でした。 しかし、知識や経験が身についてくると、CAEの背景にある理論やアルゴリズムなどが過去の経験と結びつき、 より正しい・より効率的なシミュレーションに繋がってきました。 今振り返ると、人生の分岐点でこの会社を選んだことは非常に良かったと感じています。 また、会社の成長に合致さえしていれば、自由に活躍させてくれるのも、とてもやりがいに繋がっています。

日本アムスコで成し遂げたいことは?

目指しているのは、最先端の技術や手法を学び、それをCAEに応用することで新しい領域を切り開くような仕事をすることです。 また、リーダーとしては、新しい技術にチャレンジする向上心と技術力を持ったエンジニアを育成して、 楽しく議論しながらお互いに成長できる職場を作りたいと真剣に考えています。

応募者のみなさまにひとこと

「どうしてだろう」「どうなっているんだろう」という疑問を、あの手この手で紐解いていく作業はとてもとても楽しいものです。 CAEは、その「疑問を紐解く」ツールのひとつです。 決して簡単な業務ではありませんが、少しの理系の素養と好奇心・向上心があれば、CAE未経験の方でも活躍できるはず! もちろん、導いてくれる先輩方も多いので、安心して飛び込んで来てください。


Copyright © 2009-2019 Nihon Emsco Co. Ltd. All rights reserved.