神戸CAE技術室松元アンダース
2008年入社化学生物系専攻卒業

「チーム強化に悩み続けるゆえ、提案を繰り返す」

現在の仕事内容は?

私は入社より約8年間、重工関連メーカーに常駐し、原子力施設に存在する種々機器の耐震性を再評価する業務に携わってきました。 原子力施設は十分な耐震性を必要とします。私の従事していた業務では、耐震性の有無を評価するためのデータ入力や結果処理などを行っていました。 この業務は寸分のミスも許されません。「とにかく、慎重に、慎重に。納期に焦る気持ちを落ち着かせながら。」とても気を使う業務でした。 中でも配管は原子力施設内に縦横無尽に張り巡らされており、非常に数も多く、その評価内容も多岐に渡っています。 そのため、複数人でチームを組み、チーム一丸となって取り組んでいくことが要求されました。 私が常駐した3年目からは、チームリーダとしての業務を任せてもらえるようになり、チームの取りまとめや重工メーカー様との打ち合わせに出席するなど、 責任ある仕事に従事することができました。 この頃からでした。どうすればチーム員が自発的に考え行動できるようになるのか?どうすれば、ロスを無くし効率よく成果を出せるチームになれるのか? チーム強化に日々悩み続けました。そして上司に対して、大小様々な提案を繰り返しました。 不思議なものです。提案を続けるうちに、いつしか提案そのものが自分にとってとても楽しい行動となっていました。 そんな行動が評価されたのでしょうか、社内においても役職者に抜擢されました。 そして、自身のチームだけではなく、他の原子力部門で活躍する複数チームのサポートも任されることになりました。 「本当に自分にできるのか?なんとかなるか?もうやるしかないな。」 ここは腹を据え、持ち前のチャレンジ精神の発揮しどころです。 もちろん、そんなに甘くはないです。対象や現象、環境が違うことで、各チーム員の抱える問題は様々です。 そのため、他チームで格闘する社員へのアドバイスやフォローはなかなか難しく、私自身まだまだ勉強不足を感じます。 いや、本当に貴重な経験をさせていただいています。 このようなサポートを続けていくことで、経験値は数段積み上がり、自身の成長も実感できてきています。 今後はその経験を活かし、各社員、ひいては会社全体の成長へと繋げ広げていけるよう、意識し邁進していくつもりです。

日本アムスコを選んだ理由は?

思い返せば、この会社を選んだ理由は「CAEとは何だろう?」という興味だけでした。 学生時代の専攻は化学と生物。CAEに関する勉強などは全くしたことがない、素人同然でした。 当然、CAEに必要な知識はなかったため、「応力」や「ヤング率」など何のことかさっぱり分からず、 「本当にこんな仕事が出来るのだろうか?」という不安でいっぱいでした。 いざ、入社してみると、未経験者向けの教育システムが整備されており、基礎から学ぶことが出来ました。 また、経験豊かな先輩方の丁寧なフォローもあり、コツコツではありますがしっかり身につけることができ、 CAEに対する興味ややりがいがどんどん増していったのを覚えています。

日本アムスコで成し遂げたいことは?

技術力向上は永遠のテーマです。 多くのお客様から「ぜひ仕事をお願いしたい」と思われる技術者になるために、 今後も様々な分野の業務に挑戦し、知識や経験を広げたいと思っています。 また、身についた技術力や経験を後輩育成に活かしていきたいです。 特に、私と同じ未経験で入社してくる後輩にとって、自分が道標になっていけたらと思っています。 将来的には、社員一人一人の成長によって日本アムスコが技術力の高い会社となり、 いずれは日本一、そして世界一のCAEサービス会社へと成長させていければと思っています。

応募者のみなさまへひとこと

弊社はまだまだ発展途上の会社です。 皆さんの純粋な向上心・探究心が会社の基盤をさらに強くし、皆さんの柔軟な発想力・独創性が会社の成長をさらに加速させます。 是非、共に成長していきましょう。


Copyright © 2009-2017 Nihon Emsco Co. Ltd. All rights reserved.