東京CAE技術室山岡正昌
2006年入社経営工学科卒業

「現象を読んで的中させる。これが醍醐味!」

現在の仕事内容は?

私の主業務は、お客先の抱える問題を解決するための受託解析です。 様々なメーカー様から、ホントに様々な設計的問題が持ち込まれてきます。 初めての現象に直面すれば、まずは現象の調査からがスタートに。 毎回が真剣勝負。緊張感が一気に高まります。しかしこれが醍醐味! その他にも、とにかく幅の広い業務を行っています。 求職者の応募があれば、日程調整から実際の面接。入社後の新人には教育のフォローなど。 はたまた会社全体の組織運営をどう改革していくのか?今後の評価制度は? 社員育成は……… ほんとうに?山岡にその能力幅が?と思われるかもしれませんが。 もちろん上司や同僚のサポートと周りのモチベーションの高さに支えられてのことです。

仕事で嬉しかったことは?

やはり、お客様に認められ信頼されることはとても嬉しいですね。 ただ、仕事となれば問題の内容は多種多様。困難な問題も多々起こります。 納期や予算の問題もさることながら、何よりお客様自身も現象を把握しておられない場合も(とにかく設計者の方は超多忙で、じっくりと時間をかけられる余裕もなかなかなさそう)。 私のほうは、自分が持っている限りの経験、知識を駆使し、時には国立図書館に出向き、一生懸命考えに考えます。 結果、現象の読みが見事に的中する場合も。なんとか得意のCAE領域に持ち込むと、一気に問題解決へ。やっと達成感と共にお客様の信頼感。 そして、最近では現象の読みにも自信が付きつつあります。 まだほんの少しなのですが、エンジニアとしての力が付いてきているのを実感できた時が、何よりも嬉しいし励みにもなっています。

会社の雰囲気は?

関西出身者が多いためか基本的には明るく楽しい人が多い感じがしますが、ひとたび業務が始まると、とことん集中して取り組みます。 まるでONとOFFの線が見えるのではないかと思うほど。 また、技術会社らしく技術的向上心は当然旺盛です。 ただ、得意な部分を伸ばし、不得意な部分は長期的に修正していくとの考えが根付いているため、他人への要求がきつく、必要以上に暑苦しい!なんて方向にもなりにくいので、そのバランスが絶妙だと認識しています。

入社前の印象とかわったところはありますか?

入社10年目ですが、その時から今を比較すると、私も会社も大きく成長しすぎて、変わっていない部分がどこかが分かりません(笑)。 私自身は、はじめは神戸の小さなオフィスで勤務を行っていましたが、なんと、今では東京のオフィス街で業務をしています。 また、入社当時では想像もできませんでしたが、次の数年では海外支社や子会社が出来ているのではないかとワクワクしています。 その一助となれるよう、また、私自身も会社成長と共に成長していけるよう。かつ、大いに楽しみながら業務に励んでいく意気込みです。

応募者のみなさまへひとこと

私は他の人には真似できない職人的な技術が欲しくて入社しました。ただ、入社してみると、その道のりは非常に長く険しいことに気付きました。 それでも、こつこつと知識や経験を蓄積し、同僚から色々な刺激を受けることで自分の目標に一歩ずつ近づいている。今では、確かな手ごたえを実感できています。 また、私以外にも未経験から始めた社員が大多数ですので、未経験から入社してくる方の苦労や、つまずく箇所はある程度予測できています。 また、教育カリキュラムも未経験者を対象として作成しています。理系で、とにかくやる気があれば大歓迎。是非チャレンジして下さい。 そして、CAEエンジニアとして共に成長していきましょう。


Copyright © 2009-2017 Nihon Emsco Co. Ltd. All rights reserved.