名古屋CAE技術室深川達俊
2008年入社工業物理学科卒業

「最高水準の技術に、刺激を受け続ける喜び」

現在の仕事内容は?

私は現在、大手自動車メーカーに常駐し、CAE解析を委託業務として請け負っています。 現場の状況と致しましては20数名でチームを組み、強度、振動、衝突、熱流体、電磁界といった様々な面からCAE技術を駆使し、 物理現象の解明、性能向上、部品評価、形状検討など幅広く、設計的問題に向き合っております。 しかしお客様は大手自動車メーカー。技術レベルは最高水準で部品も物理現象も多種多様、本当に一筋縄では行きません。 各設計部署、各実験部署と打合せを重ね、情報収集した後、しっかりと分析し、設計者の方々により良い自動車を設計して頂けるよう、 日々チーム全体でCAE技術の向上に取り組み、奮闘する毎日です。

日本アムスコをどうして行きたいか?

先に申し上げた通り、私は現在お客様の会社内に常駐しCAE解析業務を第一線で行っておりますが、お客様への貢献と同じくらい「会社の成長」も大切だと考えています。 私は「会社の成長」とは「人の成長」であると捉えており、「人の成長」とは技術者としての成長、人間性の成長と大きく2つあると思っています。 私自身、約8年前に入社し、CAE経験ゼロからスタートしました。 入社当時を振り返ると、やる気はあるが知識や経験が伴わず、職場の方々に多大なご迷惑をかけてしまい、 早く一人前になりたくて、日々勉強に取り組んだことを思い出します。 そんな私も今では第一線で、現場責任者としてチームのフォローやマネジメントに対応できております。 もちろん先輩、後輩の支えが大きかったことと、お客様に恵まれたこと、第一線の技術に触れ、大きく刺激されたことも成長出来た要因だと考えております。 やはり技術力、人間性の向上は一朝一夕としてではなく時間を掛けて磨いていくものであり、 今後の「会社の成長」に必要なことは、時間を掛けて継続的に人を成長させられる環境を体系的に整えていくことであると考えています。

応募者のみなさまへひとこと

私自身まだまだ学ぶべきことが山積しておりますが、時間を掛けて身に付けた技術を今後も継続的に後輩に引き継いでいきます。 そして、新たな領域にもチャレンジし、その姿勢をも、後輩に引き継いでいきたいと考えています。


Copyright © 2009-2017 Nihon Emsco Co. Ltd. All rights reserved.